一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.25 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

仲の良いユウジンが自分の車を買いたいと申し出たときなどには、代金の支払いなどのヤクソク事が曖昧になりやすいですね。
車売却といったのは本来大きな金額が動く行為ですね。
親密な間柄のこととは言え、いつまでに名義変更をして貰うかや、車を幾らで売るか、お金をいつまでにどのように支払って貰うかなど、重要項目についてはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。
きちんと念書をつくるのを嫌がる人では、後からいざこざが起きても仕方がないため、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。
個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。
走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車といったあつかいになって当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。
ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。
走行距離数が年式の割に極端に短いと、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。
業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車業界では減点査定の対象となります。
基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。
そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
しかしまったく売却不能といった理由ではなく、まだ道は残されています。
過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、部分ごとに細かく査定して相応の値段をつけて引き取ってくれます。
年間走行距離数1万キロメートルといったのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。
しかし、あくまでも目安ですから、古い年式の自動車だったら年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。
車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。
しかしながら、機械といったものはずっと動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。
年式に対して走行距離数が極端に少ないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

松山&谷原がV候補7位!公式HP「間違いなく強力なペア」/米男子
この日はツアー公式ホームページの“優勝候補番付”である「パワーランキング」が発表され、7位にランクインした。同サイトは「間違いなく強力なペアだ。松山のショット力と谷原のパッティングに注目したい」とした。今大会は世界ランキング対象外競技だが、米ツアーのポイントなどに (続きを読む)



PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM